« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

強風で三脚が倒れ、レンズが割れる。

12月9日

先日、白鳥を撮った日曜。等圧線の間隔が狭い強風の吹いた日曜でした。

風が強いので三脚をおいたまま、風を避けるところにいると。。。

ガシャーン。

まさか・・・ 俺のではないようにと思いながら、三脚のあったところに目を向けるとそこに

立っているはずの三脚がない。。。

次にレンズとカメラは無事であってほしいと駆け寄ると。。 なんと、筒体の1部が完全に割れていた。 あーあ 大枚出しただけあって写りのいいレンズだったけど、こうなるともう粗大ゴミかと悲しい思いをしながら、レンズをしまって帰路に。。

帰って壊れたレンズを見ると、 

大切なレンズ(ガラス)は無事。→レンズが割れていると本当に部品取りジャンク。

①配線がコネクタからの線が切れている→線をコネクタにハンダ付けすればいい

②筒体が割れている→アルミを接着できるものがあればいい

と①と②をなんとかすればいい。

①の線。

Dscn8871s_2

自宅のサンニッパ、ロクヨンを開けると、コネクタへの線は、ある法則でコネクタ接続されている事がわかった。コネクタに残っている切れた残りの線を見ると同じ法則でいけそう。

Dscn8873s

途中で切れた線は同じ色の線を継ぎ足し、

Dscn8875s

全部の線をコネクタにハンダ付けし、コネクタを仮止めし、カメラを付けると、無事動作する。。 scissors

次に②の割れた筒体。どうやらアルミに近い金属である。それ接着する物を調べると

①接着剤

②アルミハンダ

③アルミ溶接

④アルミパテ

の4つの候補がある。①は、接着面は少なく、強度も心配なのでパス。②、③が本当は一番いいのですが、温度によるガラスレンズの破損 ( 以前、別のレンズでカビ取りをし、ドライヤーで乾かしたところ割れてしまった経験)や 温度によるケーブル溶解→ショートがあるので、④を選択。 インターネットでポチっとすると、翌日にアルミパテは届く。

アルミパテで接着する場合、塗装をはがし、金属面にパテを盛る必要がある。すこしづつ紙やすりで塗装をはがし、

Dscn8877s

アルミパテを塗る。

Dscn8882s

30分くらいするとネチャネチャだったアルミパテは工作ネンドのようになり、扱いやすい硬さに。とんがった部分や、はみ出しそうなそうな部分を最終修正する。そしてそのまま24時間。アルミパテは、カチンコチンの金属に変化し、十分な強度で筒体が接着された。

Dscn8886s

最後にレンズカバーをすれば、見た目は壊れる前の姿に。。。

Dscn8889s

あーよかった。。。

みなさんも、風が強い日は、三脚が倒れるので、カメラレンズから離れないように気をつけてくださいね

| | コメント (3) | トラックバック (0)

12月 白鳥

12月4日

すっきりと晴れた日曜。今年も冬の使者が訪れました。

もうすぐ、白い季節の訪れですね。。。

Img_3130s

Img_2817s

Img_3265s 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コウライアイサ

12月3日

12月最初の土曜は雨。。 先週撮り溜めた写真の整理をしたところ。

相変わらず、思った絵が、撮れない。 自然はまだまだたくさん修行の場を与えてくれる。

そんな中、最初に撮ったカワアイサよりすこしましな カワアイサ。

今回は真近で、お腹のうろこ模様までは綺麗にとれましたが、ビロードの緑頭と目が今一。

Img_7505s

Img_7508s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »