« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年2月

冬の道東撮影旅行 その6 最終日!!

2/25
昨日の続き。。昨夜は11時まで撮影の後そのままパジャマにも着替えずに布団に入り、そのまま起床時間。朝の4時。部屋の外を見ると真っ暗な中、シマフクロウが撮影ポイントにいた。
本日の早朝便は朝の5:30出発なので、準備をして宿を出る。
流氷は前日までは30分ほど走らないとたどり着かなかったが、その日は、羅臼の港まで入り込み、船が出発し、撮影ポイントまで5分もかからなかった。
船長さんにとっても、地球にとっても、余計な燃料も不要でエコな事。タクシーならワンメータならぬ‘湾‘メーターというところだろうか。。なんて思いながら明るくなる海を待つ。
私の周りは、外国の方達。暗いうちからどんどん撮影をされているが、これからはじまるイベントを1度経験している私は、とりあえず目を閉じてその時を待った。

あたりが 明るくなってきたころ、それまでカラスばかり目立った流氷に、大きなオジロ、オオワシがどんどん舞い降りてくる。カラスはスゴスゴと遠くに飛び立ち、やがて視界には100羽以上のワシ達がどんどん絵になるカットをプレゼントしてくれる。<画像はクリックすると大きくなります。>
Img_0676s
Img_0646s

この日はあいにく、朝焼けが今一だったが、たっぷりと撮影時間もあり、どんどんメモリーカードの撮影枚数が増えていく。

朝日がでないものの、あたりが赤くなったころ、広角レンズでまた撮る。撮る、撮る。
<画像はクリックすると大きくなります。>

Img_2011s
15319 

また望遠レンズに付け替えどんどん撮る。あっというまに朝日は強さを増し、撮影時間は終わった。 
<画像はクリックすると大きくなります。>

Img_0709s
Img_1016s
52600_1

昨年に較べると、いいショットは少し多かったかな?

宿に戻り、遅い朝ごはんを食べ、羅臼の道の駅でお土産購入。その後中標津の町で名物(?)ミルキーラーメンを食べ、

Img_2609s

これまでのの旅の相棒のレンタカーを返し、中標津から羽田へと無事到着。 東京はすっかり雪の影響はなくなったのだが、また翌日から雪。その週末はまた大雪と 普段なら週末を絡めて飛行機を取るのだが、今回は雪の影響のない日のフライトで、助かった。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の道東撮影旅行 その5

2/24
前回の続き。
熱い旨いラーメンを食べた後、宿の時間までは、少し時間があるので、羅臼をドライブ
海では、関東ではあまり見かけないカモ、アイサ等がいる。まぁ、こんな光景が、近くで起こると50キロくらいは高速飛ばしても駆け付けるカメラマンがいそうな感じ。。スナップ写真のような写真。。。

Img_4188s

次に今年は少し遅れている流氷も、羅臼に近づいており、なんとか明日は流氷撮影はたっぷり時間をかけて撮影できそう。

Img_4203s

羅臼で有名な宿に入り、豪華「毛ガニ」1匹つきの夜食を済ませ、夜の大ボスを待つことに。

Image114s

前日までは、あまり出は良くないという事だけど、その日は12時までに3回出たそうだ。私は翌日も早いので、11時に就寝。連日の早朝撮影なので、朝の目覚ましまで熟睡だった。

Img_0319s
Img_0445s

Img_0594s

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の道東撮影旅行 その4

2/23
撮影旅行も今日で折り返し。道東の天気は穏やかでマイナス5-10度、前後。今日は朝日のポイントに移動し、雄大な朝日を楽しむ。

Img_9791s

真っ赤な朝焼けに染まる湿原を狙ったが、今回は今ひとつ。。

朝焼けの中、何度かオオワシがゆっくりと飛んでいくのが見えた

Img_0963s

この日は風も穏やかで、樹氷もとってもきれい。幻想的な写真を撮れるのもこの時期ならでは。。

Img_9866s

さて、今日は羅臼方面への移動。
途中、フクロウにご挨拶したり、

Img_1128s

オオワシなどを観ながら羅臼方面に

Img_0171s

Img_1421s

本当は、昼食は標津にある「サーモンパーク」のイクラ丼を楽しみにしていたのだが、昨日の厚岸の牡蠣同様、本日も定休日。。。
車を羅臼に走らせ、地元の人のお奨めのラーメン屋「寶龍」さんに。。

Img_1605s

店の中には、有名人の色紙が沢山ある、昭和レトロなラーメン屋さん。
ラーメンのほかにアイスクリームや回転焼きまでやっているという多角経営なラーメン屋さんだけど、冷えた体に、熱々のラーメンはとってもおいしかった。。でも熱すぎて舌を火傷してしまいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の道東撮影旅行 その3

2/20
今日は前回の続き。。。厚岸の牡蠣を食べ宿近くに戻ってきたところ。。

道路には、鶴が歩いていたり、

Img_9639s

鶴のつがいが雪原にいたり

Img_9288s

Img_9297s 


夕日もいい色に染まってきたころ、ネグラへと飛び立つ鶴達でした。

15316

翌日は、いよいよ旅の最後の宿泊地へ向かうのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の道東撮影旅行 その2

2/19
さて、道東旅行の2日目。自動車の外気温度計はマイナス11度。これならいい具合に「けあらし」が出そう。。。風もないので樹氷もなどと考えながら、超有名ポイントに到着。昨日の夕日の撮影と同様に、外国の方に囲まれながら撮影開始。。やっぱり、とってもきれいな絵になる。朝食と、次のポイントの都合で、7時にこの場所を切り上げたけれど、もう少しだけ撮影していたほうがよかったかな。。。

15317_4

朝食をとり、朝の飛翔ポイントに移動。ここでは何枚か写真を撮ったが、あまりいい絵は撮れなかった。。まぁ、頭の上を通過するタンチョウなので、どこでもとれるのでいいかと気分を切り替え次のポイントに。。

フクロウのポイントを今日もいくつかめぐり、1箇所でフクロウを撮影。 雪の積もった枝や洞に囲まれたフクロウを撮りたかったのだが、こちらの雪はサラサラでほとんど積もら図に前回の12月と同じような景色。。。 うーん ちょっと残念。 さて、今日のお楽しみの厚岸の牡蠣にでも行くかと車を進める。 途中。SL湿原号を待つ撮り鉄の車が多くなってきたので、わたしも、参加。ここで、持ってきたスノーシューを装着し、雪原散歩。 まもなく 「ボォーツ」という汽笛と黒い煙を吐きながら、SLが通過。。。 いやぁ なんとなくいいじゃん。。

Img_9191s_2 
Img_0735s

車は次の昼食ポイントの厚岸の牡蠣の場所に向け出発。途中道の駅ならぬ川の駅の横を通過しトイレ休憩。。

Img_9228s

厚岸の食事場所に着いたが、なんと定休日。。。うーん。こんなことになるのなら、昨日の寿司ではなく、ここに行っておけばよかった。。と後悔。。

Img_9243s
でも、その後近くの道の駅で生牡蠣や海の幸をバーベキュー。なんと、ここは、日本で1番おいしい道の駅だった。

Img_0786s
Img_0803s

つづく。。













































| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の道東撮影旅行 その1

2/16
東京で記録的な大雪が降った翌週の月曜。
まだ中央自動車道も通行止めの月曜に道東釧路へ
いつもなら羽田空港まではタクシーで駅まで、そしてリムジンバスで空港までの行程だが
雪の影響で前日のタクシーは予約できず、当日早朝に呼んで来てもらう。リムジンバスは前日は雪のため運行中止。いつもなら予約なしで乗れるバスも当日は予約満席。。
しかたなく大きな荷物をゴロゴロ押して羽田まで電車。。始発電車だから良かったけれど、もう少し遅い時間だと、こんな大きな荷物で空港まではどうなっていだだろう。。。

今回の機材は前回の北海道の機材に328を追加したほぼフルコース。
<クリックすると大きな画像が表示されます>
P1070428s

それに、今回は雪原徒歩用にスノーシューも追加。実はこのスノーシューは持っていて大正解だった。
<クリックすると大きな画像が表示されます>

P1070328s

飛行機は定刻通り羽田を出発し、道東の玄関口 タンチョウ空港に到着。レンタカーの手続きを済ませ、荷物を積み込みドライブに出発。今回の相棒は スズキ スイフト。
この車、FITやデミオに比べとっても荷台が高く、荷物スペースは狭く、2人と2名分の荷物以上は無理。ドライブを開始し釧路を走るが、東京の大雪では車の上に3-40センチの雪が積もっていたが、釧路の街並みの車には、せいぜい10センチ程。東京のほうがはるかに雪国だった。

まだ時刻は11時ごろだけれど、早朝4時からの移動でお腹もすいている。まずはおいしい回転寿司で舌鼓。。 ここは釧路の回転寿司でトップクラスの人気店だけあって、とってもうまい。特にシャリの味が格別にうまい。
まずミルキーな厚岸牡蠣、<クリックすると大きな画像が表示されます>

P1070706s

北海道のウニ。<クリックすると大きな画像が表示されます>

P1070707s

それにプリプリのイクラ。。。 <クリックすると大きな画像が表示されます>

P1070708s

これだけでも とっても満足な「お も て な し」である


さて、本日の宿泊地に向かって車を進めながら探鳥散策。前回の12月にいたフクロウも今回は「出張中」が多く、ゆっくりとポイントを確認しながら進む。この日は1箇所のフクロウを確認。 それに小鳥のポイントは前日の雪に埋まっており、今回は無理をせず 夕時のタンチョウ撮影を行う

タンチョウで有名なポイントはタンチョウ達がネグラの中継地に飛立つ時間<クリックすると大きな画像が表示されます>

Img_8647s

Img_8692s

次に、夕日のタンチョウ撮影ポイントは沢山のカメラマンが横一列で夕日に赤く染まった空に飛ぶタンチョウを撮影しようと待ちかまえている。私も後列からの撮影に。。私の付近の人は沢山のアジア系外交人でした。<クリックすると大きな画像が表示されます>

Img_0277s
Img_0433s
Img_8742s

夕日撮影の後は、宿にチェクイン。おいしい食事と最高の温泉を味わい就寝。。
続きは 次回に。。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »